FC2ブログ
プロバイダ

チョキカメラ

怒りっぽいちっこい犬と、のんびりした背の高い夫と、その中間程度な嫁のお話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランド ヘルシンキ旅行記9

8/15
帰国日です。

この日の目的は飛行機に乗ることだけ。なので、朝からグダグダです。
アンリさんちのタオルや枕カバーを洗濯したり、テレビを見たり。

テレビと言えば、通販チャンネルを見つけて、興味深く見てたんだけど、ひとつちょー欲しい物があったのよね。
H2Oスチームモップっていうの、ご存知でしょうか?
モップ

日本でも買えるみたいなんだけど、とっても良さそうなんですよ、これ。 

ジャパネットを見てると、あんまり興味のないものでも、なんかすごいいいもののような気がして、
買わなきゃ損なんじゃないかと催眠術にかけられたみたいになるけど(私だけか?) 
フィンランド版ジャパネットみたいなのもずっと見てると、やっぱり同じようにすっごい欲しくなるもんですね・・・ 
あ、ちなみに、英語だったんで、言ってることは割とわかりました。

いつか欲しいわ。スチームモップ。

そんな話をしながら、部屋の掃除とパッキングを順調にこなす我ら。
もう何度も民泊してきているので、最終日の掃除に備えて、日本から使い捨てのビニール手袋も持参してきてたりしてね。
備え付けのゴム手袋、なんか使う気になれないんですよね・・・

12時頃、一度作業を切り上げ、カンピ駅へメトロが動いているか確認をしに。
ストだけど、メトロは動いてました。
よかったー。
ついでにカンピ駅のホーム階行きのリフトも確認して、切符も購入。
スーツケースを持って、ウロウロしたくないので、この辺抜かりないです。(笑)
アパート1

アパート2
こんな感じのスタイリッシュなお部屋でした。
その後、アパートをチェックアウト。

と、言っても、ただ鍵を室内において、部屋を出るだけだけどね。
アンリさんとは、結局、チェックインの時にお話しただけでした。

アパートのリフトはシンドラー社製で古めかしく、
手動で蛇腹のドアを閉める映画でしか見たことのないようなタイプのやつで、怖かったから、
初日にアンリさんに案内されてスーツケースと共に上がった時に一度使っただけだったんですよ。
でも、4階からスーツケースを持って降りるのはやはり大変だろうと言うことで使いました。

ただ、閉じ込められたら怖いのでダンナちゃんだけ(笑)
無事、何事もなく出てくることができました。

カンピ駅までガラガラとスーツケースを引っ張って歩きます。
カンピ駅前に横断歩道があるんですが、いつも、ここを渡る度に思ったのが、「フィンランド人、優しい」でした。
渡ろうとしている人がいると、必ず止まってくれるんですよ。
本当に必ず。
不思議なほどに必ず。

これは日本人見習うべきです。
その国の印象って、大袈裟なところではなく、こういう小さな部分の積み重ねだと思うのです。
これだけで、私なんて、一発でフィンランドのファンになりましたからね。

ちょっと脱線しましたが、スーツケースを持って横断歩道で立っている私たちを見かけたドライバーさんは
当然のようにすぐに止まってくれ、カンピ駅までスムーズに到着。
カンピ駅から中央駅も問題なく行くことができました。

さて、ここからが往路と異なります。
ストの影響で電車が止まっているので、シャトルバスです。
(書き忘れましたが、数日前にバス乗り場は確認済みです。)

フィンエアのシャトルバス乗り場へスーツケースを引っ張って歩いていくと、かなりの行列です。
まあ、電車ないし、仕方がないですよね。
おとなしく行列に並びます。
すると、間もなくバスが来ました。
運転手さんがなにやら叫んでいます。
「申し訳ないのだけど、バスにあるカードリーダーが壊れちゃってクレジットカードが使えません。」とかなんとか。
まあ、1人5ユーロだし、それくらいなら現金あるし、いいよね。と、
スーツケースを預けて、乗り込むと「飛行機のチケットプリーズ」と言われました。
事前チェックインしといたiPhone 内のチケットを見せると、
「オッケー」となんと無料で通してくれるではありませんか!
よくわからんがラッキーです。
ただ、バスは激混みで、私は親切な日本人の母さんが3才位の子供をだっこして
1人分席を作ってくださったので座れましたが、ダンナちゃんは通路に座ることに。

揺られること30分ほどで空港へ到着。
私たちの飛行機は第二ターミナルから出発です。
前日にすでにチェックインは済ませてあるので、荷物だけ預けます。
今は、セルフで荷物を預けることもできるんですね・・・ 
まあ、今回はそんなに混んでいなかったし、重量オーバーしていないか心配だったので、
有人カウンターで預けましたが。 
次回は、スーツケースの重さを計ることのできるグッズを持ってきて、セルフの方に挑戦してみたいです。
あ、ちなみに重量はオーバーしてませんでした♪

身軽になったので、軽く何か食べようかと言うことで、ターミナル内のカフェへ。
私はサンドイッチといちごオレンジジュース、ダンナちゃんはサンドイッチとホットチョコレート。
(ああ、写真を撮り忘れました・・)
このジュース美味しかったです。

その後、免税店でこれまた我が家のお決まりとなっている香水を購入。
ダンナちゃんはお気に入りのヒューゴ・ボス。
私はお試しして気に入ったElie SAAB リゾートコレクション。
香水
甘い美味しそうな香りなんですよ。
無くなったらまた欲しいけど、普通に買うと結構お高いのね・・・
免税だったからか、4000円位で買えました。

あとは、最終日ということで気が抜けたのか、喉が痛くなり、若干鼻声になってしまったダンナちゃんのために、
レモンミント味ののど飴とかチョコとかも買いました。

買い物をしたら、出国審査です。

EU圏の人とそれ以外の国の人でカウンターが別れています。
EU以外の国用のカウンターはものすごい混雑ぶりです。
でも、ここも無人化が進んでいました。
まず、端末にパスポートの写真ページをスキャンさせます。
次にカメラの前に立ち、眼鏡や帽子をはずして、顔認識をさせます。
特に問題がなければ、あちら側のゲートが開き、
その先にいる係員にパスポートを差し出し、出国のスタンプを押してもらったら終了。
あっという間でした。
来てるな、未来。

飛行機のゲートの近くで、ムーミンパッケージのラズベリージュースと、
パイナップルジュース(ダンナちゃんの)を買い、それを飲みながら、ベンチに座って、飛行機を待ちます。
ジュース

と、見覚えのある顔が!
あの、カフェ・ウルスラで鳥に襲われていた女性です!
日本人だったのね・・・ 無事そうでなにより。

あと、フィンランド料理のコンスタンモルヤで見かけた関西弁のおばあさんもいました。
このおばあさん、外人さんにも日本語で話しかけてたので印象に残ってます。
みんな同じ飛行機なのね。 と、 そこにアナウンスが。
私たちが乗る予定の成田行きの飛行機が17:15から18:15出発に変更になり、しかも出国ゲートも変更とのこと。
1時間待ちは辛いけど、その昔、イタリアで飛行機がストで飛ばなかったというひどい目にあったことのある我らは、
飛んでくれるだけでもありがたいよね。と、ある種、悟りの心持ちでゲートを移動し、
おとなしく待ち合い席でゲームなどして1時間潰しました。

そして、1時間後、無事に搭乗が開始されました。
飛行機はゲートからシャトルバスに乗ること5分ほどのやや離れた場所に待機。
乗り込むと、隣は新婚旅行っぽい日本人カップル。
特にお話することもなかったけど、お揃いのkarufuのスニーカーが可愛らしかったです。

途中で、事前にネットで購入しておいた免税品(会社のばら蒔きお菓子、
イッタラの青い鳥(フィンランド独立100周年記念の限定品)、ムーミンボックス)を受け取り、支払いをしました。
青い鳥など

ムーミンボックス1
ばら蒔きお菓子でスーツケースの場所を取るの嫌だったし、
青い鳥は割れちゃったら悲しいし、ムーミンボックスは前回フィンエアに乗った時に売りきれていて残念だったし。
・・・とちゃんと理由があっての、機内事前購入チョイスです。

ちなみにムーミンボックスの中はこんな感じ。
ムーミンボックス2

次の旅行でも、この作戦でいこうと思います(笑)
あとは、成田まで特筆することもなく平穏無事に過ごしました。
スポンサーサイト

フィンランド ヘルシンキ旅行記8

8/14
この日は元々買い物をしまくる予定だったのだけど、もう買いべきものはほぼ買ってしまったので、
カイヴォプイスト公園にでも行ってみようかということに。
海沿いの眺めのよい公園で、
フィンランドのガイドブックには必ず出てくる「かもめ食堂」のロケ地にもなったカフェ・ウルスラもあるところ。
中央駅からトラムに乗り換えます。と、道をはさんだ向こう側にポストを発見。
ポスト
記入済の電車チケット払い戻し用紙を投函しました。
こちらのポストは黄色いのね。

トラムを乗り継ぎ、公園の近くまで到着。
トラムの時刻表を見ていて気づいたのですが、ヘルシンキでは、8/14から冬のダイヤに変更されていました。
8月なのに、もう冬なの!? びっくり・・・

公園についたところで、トイレに行きたくなってしまった私。
マップを見つけたので、WCマークの場所へ急ぎます。 が、あるべき場所にトイレがない。
仕方ないので、近くのアイスクリームスタンドで「トイレ近くにありませんか?」と、アイスも買わずに尋ねる。
「そこにあるわよ」と、50mほど離れた場所にある建物を指差す親切なお姉さん。
お礼を言って、その建物の方へ。
なんか、カフェみたいなんですけど・・・ 公衆トイレのマークは一体・・・
えーと、何にも注文していないけど、いいのだろうか?
でも、トイレ行きたいし・・・うーんでも、生理現象には抗えません!
ごめんなさい!と、何も注文せずカフェのトイレだけ借りた私。
本当なら、すっきりしたあと、コーヒーの一杯でも頼むべきなのだろうけど、行きたいのはカフェ・ウルスラなんだよね・・・
ああ、本当にごめんなさい! と、そのまま出てきちゃったのでした・・・

でも、アイスクリームスタンドにはちゃんと戻って、アイスクリーム買いました。
てか、アイス食べたかったし。

フィンランド人は短い夏を腹の底から楽しむために、目一杯日光浴をして、アイスを食べまくるんだそう。
なので、至るところにアイスクリームスタンドがあるのです。
帰るまでに一度は食べたい!と思ってたのよね。
ということで、買ったのはこちら。
アイス

モカアイス1スクープをカップで。これで4.2ユーロ。
てかね、1スクープじゃないよ、これ。ゴリンゴリン!と景気よく5スクープぐらい押し込んでくれてます。
お姉さん、本当に優しいのね・・・ 肝心のお味は?と言いますと、んまいです!
コーヒービーンズが入ってて、味が濃いの。
ストロベリーと迷ったんだけど、これにしてよかったわー。
いや、でも、ストロベリーも美味しいんだろうな、きっと。
などと、思いながら、アイスを食べつつ、海沿いを歩きカフェ・ウルスラを目指します。
10分ほど歩いたところで白い建物が見えてきました。
ウルスラ

これですね、きっと。
まだアイスを食べ終えてなかったので、お店の前のベンチに座って食べていると、
「カフェ・ウルスラと私」というタイトルの自撮をしていると思わしき女の子が一人。
パッと見、日本人ぽい。
他に見るものもなかったので、ずっと見てたんですが、なかなか納得のいく1枚が撮れないみたいで、
ずーっとずーっとカシャカシャやってました。
インスタ映えも大変だわね。

さて、アイスも食べ終えたので、カフェに入ります。
とてもいいお天気なので、テラス席に座ることに。
ダンナちゃんはカレリアパイとカフェラテを。
カレリアパイ

私はアイスで満ち足りてたのでカフェラテだけ。いや、でも、カフェラテ、でかし。
カフェラテ

目の前のテーブルにさっきまで人がいたみたいで、
食べ終えたお皿やコップが置いたままになっていたのだけど、
その食べ残しを狙った鳥がすごいたくさん!
鳥

スズメサイズの子は群れでいるし、カラスサイズの子はそのでかさで怖いし、なんなら目付きの悪いカモメも来るし。

「ちょーだい!ちょーだい!」と可愛く足元で待ってる奥ゆかしさはないのか、君たち。

なんて具合に鳥を眺めながらコーヒーを飲んでいたら、
少し離れた席で一人でランチをしていた女性が席を立ち店内へ。
と、すかさず鳥たちが群れでワサーっと、その女性の買ったばかりのサンドイッチに群がる! 
ヒッチコックの「鳥」のような恐怖シーンであります。
あわてて近くにいた他のお客さんが鳥を追い払おうと、
少し立ち上がって、そっちのテーブルへ向かったら、その隙に、その親切な人のお皿に群がろうとする鳥たち。
・・・なんて場所なんだ、ここは・・・

数分後に、店内から戻ってきた女性、鳥が群がっているのに気づくと慌てて駆け寄り追い払ってたけど、
最後にカラスみたいな子は、でかいチーズをくわえて飛んでいきました。
野生って、本当にたくましい。

その後、その女性、そのサンドイッチ食べてたけど、大丈夫かしらね? 
鳥っていろいろ媒介するって言うし・・・ちと心配であります。
そんな一部始終を目撃した私たちは、きちんとお皿を片付けて店を去りました。
お店の前には、鳥よけの凧が浮かんでいたのだけど、全く意味を為していないね、これは。
鳥よけ


さて、帰り道は別ルートで公園内を歩きます。
これは道すがら見かけた建物。
よくわからない建物

なんすかね?灯台?気象台?

この熊の水飲み場は行きも見かけたのだけど、トイレに行きたくてスルーしたもの。
熊水

帰りは余裕があったので近寄って写真撮影しました。
近寄ると、ごみだらけで幻滅でした・・・

トラムに乗って中央駅へ戻ります。
毎度お馴染みになってきたstockmanで最後の買い物。
ダンナちゃんは、Super dryというブランドの服が気になってきたそう。
なんかね、「極度乾燥しなさい」と、Google翻訳そのまま載せちゃったの?っていう日本語ロゴが入ってるの。
たまに日本でも見かけるブランドです。
ここの極度乾燥しなさいロゴのTシャツが欲しいということで探したのだけど、
いい感じのものが見つからず、断念。

結局、ヒューゴ・ボスでシャツを3枚 (300ユーロ強!)お買い上げしたのでした。

その後、家に帰りがてら、ノルディスという日本人が経営しているお土産屋さんへ。
さすが!という日本人の好みを押さえた品揃えです。
本家フィンレイソンにはなかった、ムーミン柄リバーシブルのランチョンマットや、
買う予定のなかったムーミンのトレイなどなど買ってしまいました・・・

その後、遅めのお昼を食べようかと思ったのですが、
なんだか食欲が沸かず、ダンナちゃんだけ、適当に済ませてもらうことにして、私はアパートでごろごろ。
ダンナちゃんは春巻きとか焼きそばとか食べたらしいです。
焼きそば


夜はカンピ駅で見つけたTexmexでステーキとエンチラーダをテイクアウトしたのでした。
エンチラーダ

フィンランド ヘルシンキ旅行記7

8/13 前日は日本の台風並みにすごい嵐。
テレビでも至るところで被害があったと報道していました。
今朝は打って変わってスッキリとした青空。

晴れてよかったわーということで、この日は朝から博物館へ。
11時にオープンのところ、20分ほど早く着いてしまったので向かいにあるFINLANDIA HALLをちらっと見ることにしました。
フィンランディアホール

この建物はアルヴァ・アアルトの手掛けたもの。
アアルトはフィンランドを代表する建築家兼デザイナーです。
数日前に行ったアカデミア書店もアアルトデザイン。
イッタラのグラスは奥さんのアイノさんデザイン。でも、アアルトベースはアルヴァさんデザイン。
夫婦ですごいのね。
グラスとアアルトベース、買おうか迷ったのだけど、置き場所もなさそうなので見送りました。
でも、いつか欲しいわ・・・

さて、このフィンランディアホールは今日は定休日。
なので、外側しか見れません。(あんまり建築とか興味がないので、そもそも来る予定はなかった)
昨日の嵐の影響がここにも。
木

木が倒れていて、階段を降りることができません。 ドラクエみたい。

ま、逆側の階段を使えばいいだけの話なんだけどね(笑)

ライト

このライトとか、なんか北欧デザインぽいよねー。 いや、よくわかってないけど。。

そろそろ博物館開く時間なので戻ります。
熊

博物館入口のこの熊さん、かわいい♪

博物館のチケットも、これまた丸いシールでした。
フィンランドはそういうことになっているのか?

印象的だったのは、入ってすぐの場所にあるこの天井のフレスコ画。
天井画

フィンランドの叙事詩、カレワラが題材になっています。
カレワラについてはこちら。 なかなか面白そうな話です。

肝心な展示物はうーん、あんまり記憶に残ってないかも・・・
なんか壁から手がにょきっと出てるのは面白かったなと覚えているのですが、写真撮り忘れました。。
どんまい、オレ。

その後、トラムで中央駅へ戻り、お昼はプラザというショッピングモールの中のケバブ屋さんで。
ケバブ

ちなみに海外旅行でケバブを食べるのも我が家の定番であります(笑)
安上がりで野菜たっぷりで美味しいのがいいのよ。

お昼を食べたら、アテネリウム美術館へ。
中央駅のそばにあります。
こちらはフィンランド芸術家協会が収集した18世紀~20世紀半ばのフィンランド内外の芸術品展示されています。

そして、チケットはやはりシール。
・・・なんで?

特別展は、アルヴァ・アアルト展でした。
アアルト椅子

こうして見ると、曲線が好きなのね、きっと。

常設展では、やはりカレワラが印象的。
カレワラ

というか、カレワラ以外あまり記憶にない・・・

そんなに広くないので、2時間もあれば全て見れます。

ギフトショップでダンナちゃん、Finnish nightmares 2を発見して購入しました。
気に入ったんだって。

美術館を出たら、最寄りのDressmanというノルウェーのユニクロ的服屋さんへ。
路面店に行ったらXLコーナーが充実してて、しかもセール中でダンナちゃんの服、いっぱい買っちゃいました。
その後、疲れたのでstockman のカフェでひと休み。
コーヒー

カフェラテでかい。
私が頼んだこのキャラメルチーズケーキ、すっごくおいしかった。

暫し休憩した後、stockman の地下でエンドウ豆を1Lゲット。3ユーロ。
てか、これ、リットル単位で買うのね・・・

マーケット写真

これね、最初にマーケット広場に行ったときに屋台で見かけた時からずっと気になっていたの。
フィンランドの人は、イチゴやブルーベリーと同じように、これを剥いて中のお豆を生でムシャムシャ食べるのです。
ヘルシースナックの究極だと思うの。
豆

食べてみると、ちょっと青臭いけど、イケる。
でもそんなにたくさんは一気に食べられないかも。

晩御飯は、このお豆とstockman のデリのお肉とリドルで買ったパンとチキンスープなど。
夕飯

ダンナちゃんは熊さん印のKarhuビールも飲みました。
ビール

これまたのんびりした1日でした♪

フィンランド ヘルシンキ旅行記6

8/12 海外旅行の楽しみのひとつがテレビ。
フィンランド語はわかりませんが、それなりに楽しめます。
テレビ

朝は子供向け番組の時間らしく、
ソニック・ザ・ヘッジホッグ、マイリトルポニー、レゴニンジャ、カンフーパンダ、それからアングリーバードと
2時間ぐらいアニメアワーが続きます。

我が家では大抵、私より先にダンナちゃんが起きるのですが、
彼、大体いつも楽しそうにアニメ見ながら朝ごはん食べてました・・・

あとは、Ninja warrior (アメリカ版サスケ)とか、水着のライフガードのおねーさんが何かを競い合う番組とか、
Top chef とか、アメリカの未解決事件を追うみたいな番組とか見ました。
あ、あと、朝の番組で占い師がタロットカードで視聴者の運勢を観るっていうのもなかなか興味深かったです。

アンリさんのアパートには、Apple TVもあったのだけど、見なかったです。
日本でも観れる映画より、現地の番組の方が海外にいる気分が高まって、面白いし。

さて、朝食の後、今日は近所にあるテンペリアウキオ教会へ。
教会外観

徒歩10分ほどで着きました。ご覧の通り、岩を採掘したユニークな建物です。

教会天井

天井は銅線だそう。間のガラスから光が差し込んできてとても美しい。

教会ろうそく

ロウソクを立てました。2ユーロ。

お姉さんが弾くピアノの音がいい感じに響きます。

続いて、市立美術館へ。
あ、書き忘れたような気がするので、今さらですが書いておきますと、
今回お借りしたアンリさんのアパートはとてもいい立地でして、
駅近で、買い物に便利なのはもちろん、周囲にいくつか観光できる場所もあるのです。

なので、今日はご近所を観光するのというわけ。

さて、市立美術館。 オープンは11時から。えっと、今は10時半・・・

閉まってるし。 出直すしかないわね。ということで、次はカンピ駅前にあるカンピ礼拝堂へ。
カンピ教会外観

ご覧の通りわっぱ作りのような外観で、3種類の木材でできています。

中に入ると意外と小さな礼拝堂であることに驚きます。
カンピ教会礼拝堂

ここは、そんなに重々しい場所ではなく、ササッとお祈りをしていく場所らしい。
悩める人はロビーにいる教会および社会福祉部の職員に相談をすることもできるそうです。
私たちは特にこれといった悩みはないので、
これまたロウソクを立てて、(0.5ユーロ)世界平和をお祈りして、礼拝堂を後にしました。
カンピ教会ろうそく


近くにあるらしいので、カルフというブランドの靴屋さんへ。
カルフとは、フィンランド語で熊の意味。
言葉通り、熊のマークがかわいいスニーカー屋さんです。
ここで靴を買うことは旅行に来る前から決めていました。

なので、今回、私は捨てて帰れるボロッボロの靴でフィンランドに来ました!(笑)
ちなみに服をたくさん買う予定のダンナちゃんは捨てて帰れる服で来ています。
多分、スリも避ける通るレベルのボロい身なりのカップルです・・・

カルフでは黒のスニーカーをゲット。んふっ♪
スニーカー


「レシートをメールするから、メールアドレスを入れてください」
と、お会計時タブレットを差し出されて言われました。
すげぇ。来てるな、未来。

レシート

こちらが数時間後に送られてきたレシート。 うむ。最先端。

荷物を置いてすぐにまた市立美術館へ。
お腹が空いたので美術館のカフェでランチにしました。
チキンサンド

ダンナちゃんはチキンサンド。

私はチキンバンブーヌードル。
ヌードル

薄味で、自分でいろんなスパイスを入れて美味しくしました。
ベトナムのフォーみたいな感じ。割と好き♪

食べ終えたら、すぐ向かいにあるミュージアムへ。
入場料を払うと、「これ、チケットだから。見えるところに貼ってね」と、丸いピンク色のシールをくれました。
よく街頭アンケートでYes Noのボートに貼る、アレです。
これがチケットって、斬新。

ここでの見ものもやはりトーベ・ヤンソン。
ムーミンの絵ではなく、田舎のパーティーというタイトルのフレスコ画です。
それでも、さすがトーベ・ヤンソン。 絵のなかにムーミンが隠れてました。
(すみません、写真撮り忘れました。。)
訪れる日本人が多いのか、やはりトーベ・ヤンソンの絵の説明は日本語がありました。
他の絵もひととおり見たのですが、現代アートはよくわからないので、あまり記憶にありません・・・

あ、ひとつ面白いのがありました!

トイレの前にあった、パチンコ玉が傾斜するボードの上にたくさん置かれていて、波の音を奏でる装置。
これは、ずっと見ていられるレベルで気に入りました♪

この美術館は映画館と同じビルにあります。 帰りは映画館を突っ切って帰ることにしました。
映画を見るときに食べるスナック売り場がとっても広い!
ポップコーンとかナチョチップとか定番ものはもちろん、グミとか50種類くらいあったんじゃないかしら。
映画は、君の名は をやってるみたいでした。

その後、また買い物に出かけた我ら。
まずは、マリメッコで私が狙っていたリュックサックとお買い物バッグをゲット。
リュック

バッグ

ヘルシンキの街中で、マリメッコのロゴ入りのコットンバッグを持っている人を何人か見かけて、
「アレ、ほしい!」と思ったのだけど、店内になくて、店員さんに聞いたら、
キャンペーンでちょっと前に配布したものでもう無いんです。とのこと。
ちょー残念・・・

続いて、ダンナちゃんお気に入りのHUGO BOSSの路面店へ。
ほら、私たちボロッボロの格好で来てるじゃない?
だから、こういう高級ブランドに入るのちょっと気が引けるのよね・・・
つまみ出されないかドキドキしちゃう。ま、優しく応対してもらえましたが・・・

そういえば、ここの男性店員さんが日本好きみたいで、「聖飢魔IIミニイキマシター」みたいなこと言ってました。
聖飢魔IIって、なんかフィンランドらしいです(笑) 

ダンナちゃんはここでは灰色のセーターをゲット。
夏の終わりで冬の早いフィンランドだから、夏物も冬物も買えていい季節でした♪

途中見かけた雑貨屋さんに吸い込まれるように入り、一目惚れしたプルオーバーをゲット。
店名がよくわからないのだけど、TRE TRE TRE という紙袋に入れてくれました。

アパートへの帰り道に残り少なくなってきた、OMOという商品名の洗剤と、
昨日もらった鉄道チケット払い戻しの用紙に記入するのに使う消しゴムを購入。
用紙を完成させて、今日はフィンランド料理を食べようということで、
コンスタンモルヤという、アンリさんに教えてもらったお店へGO。
コンスタンモルヤ

予約してないけど、早い時間なら大丈夫だろうと踏んで4時から晩御飯です。
そのために、お昼軽めにしといたからね♪

ヘルシンキではこの日マラソン大会があったようで、お店の前でランナーに遭遇。
マラソン

よくわからないけれど、応援しておきました。

さて、店内に入ると思っていた通り、空いてます。
すんなり座れました。ここはブッフェ形式のお店です。
最初にお姉さんが「これはトナカイのお肉でベリーのソースをつけると美味しいです。
こっちはラムとアンチョビを使った伝統料理のボルシュマック。サワークリームと合います。」みたいな感じで
料理について説明してくれます。

でも、説明が長くて途中からフォローできなかったのが遺憾よね・・・
料理

ま、ひととおり全部食べてみたらいいじゃんてことで、少しずつ全ていただきました。

スープ

サーモンのスープがとても美味しくて気に入りました。

隣のテーブルは地元の常連ファミリーみたいで、
この店のおばちゃんがその家族の子供にダチョウの卵を見せてあげてなにやら楽しそうにずっと話し込んでたのですが、
最後にブッフェにはない、フォンダンショコラをそのテーブルに持っていったんですよ。

むむ?と思い、すかさずウェイトレスさんに、「私にもアレください。あと、コーヒーも。」と、注文しちゃいました。
ケーキ

ダンナちゃんのも頼んだつもりだったんだけど、ひとつしか持ってきてくれなかったのが残念。
仕方ないので二人で半分こしました。 満足♪

行きは歩いたんだけど帰りはトラムでカンピ駅まで行き、
リドルという小さめのスーパーで明日の朝食と夜にきっと小腹が空くだろうということで、
映画館のスナック売り場で見かけて気になっていたベーコン味のチップスなどを買い帰宅。
このスーパー価格低めでした。

帰ってまったりとベーコンチップス食べながら寛いでいると7時くらいからものすごい嵐に!
早めに晩御飯食べといてよかったわ・・・ という一日でした。

フィンランド ヘルシンキ旅行記5

8/11 9:30頃、家を出る。
昨日の夜、電車の払い戻しについて、調べたのだけど、
フィンランド国内に銀行口座がない場合どうしたらよいかが書いてなかったので、
中央駅のインフォメーションカウンターに行くことに。
あと、ホームページを見てたら、すごい情報を見つけちゃったので、その件も確認しとかなきゃと思ったんです。

中央駅のオフィスに入ると、日本の銀行みたいにチケットを取って待つスタイルらしく、
発券機があり、国内線は1、国際線は2みたいな感じで用件によって異なるボタンを押して、番号札を出して待ちます。
割と空いていて10分ほどで順番が来ました。
まずは昨日の電車の払い戻しの件。
「この用紙に記入して郵送してちょうだい」
と、渡された用紙にもやはり、フィンランド国内の銀行口座情報を書く欄しかないので、
「フィンランドに銀行口座ない場合はどうしたらいいんですか?」
と聞いてみたところ、
「クレジットカードに払い戻すから、カードの情報を書いてください」とのこと。
そりゃ簡単でいいわね。と了解して、この件は一件落着。

次に、もうひとつ確認したかったことを聞いてみました。
「あの、8/15にストをするから、電車動かないと聞いたんですけど、空港に行きたい場合、どうしたらいいのでしょう?」

・・・そうなんです! 

なんと帰国する日、電車がストで動かないから、ご注意くださいとホームページに書いてあったんですよ!
ストのない日本に暮らしてると、こういうことに出くわさないのですが、
海外旅行すると、時々「ストのため、運休です。」というのを見かけます。

以前、イタリアに行った時なんて、帰りの飛行機が飛ばなかったりしました・・・
結構、ダメージ大きいんですよね・・・

「駅の横から、空港行きのシャトルバスが出てるから、それを使うといいですよ」
と、窓口のおばちゃんが教えてくれました。
なるほど。バスがあったのね!
そんなに大変なことにはならなそうで、ひとまず、よかった。

さて、確認しなければいけないことは確認できたので、お次はこの日に予定していた観光をいたしましょう。

本日のメニューは世界遺産、スオメンリンナ島でございます。
中央駅からトラムの乗りマーケット広場へ。
そしてここからフェリー乗りスオメンリンナ島へ。
今日は海上、すごい霧です。
20170811_霧


ちなみにこのフェリーは8日に買った、乗り放題チケットで乗れます。
乗船時間はおよそ20分。近いです。
この島は世界遺産なので、観光客がとても多い。
20170811_島入り口


フィンランドに来てから一番中国人を見たかも。
まずはインフォメーションセンターでマップをもらいます。
日本語版がバッチリありました。
20170811_島マップ


マップにある、メインルートに沿って歩くことにしました。
まずは、スオメンリンナ教会。
20170811_教会外観

あまり大きくない、暖かい感じの教会です。

乾ドック見晴台の中。 広い何もない空間です。
中写真

一番端に階段がありました。
何かあるのかな?と真っ暗な階段を登ってみたのですが、鍵のかかったドアしかありませんでした。
すごすごと引き返す道すがら、登って来る人とすれ違います。
そうよねえ、何かあるのか気になるよねぇ。

何もないのならば、階段の入口にKeep out って書いといてもいいのでは・・・
先に進みましょう。

これはエーレンスヴェルドの墓。だそうです。
20170811_墓写真

えーと、何をした人なのかは不勉強で、よくわかりません。すみません。

あ、そういえば、なぜスオメンリンナ島が世界遺産なのか、説明してませんでしたね。
『 この海上要塞はスウェーデンにより、18世紀に建設が始まり、
その後、ロシア、フィンランドと、3つの国の国防の歴史を物語る場所という歴史的価値があるということで、
1991年に世界遺産に登録されました。』
と、ガイドブックにあります。

島の南端にあるキングスゲートは、スウェーデン王が視察に来た時、船の錨を下ろした場所。
20170811_キングゲート


ちょうど、ここについた時、霧の中を大型客船が通過して行きました。
20170811_船

汽笛がかっこよかった。

海沿いのクスターンミエッカの土塁と大砲はロシアによって、19世紀後半に構築されたもの。
20170811_大砲

のんきに跨がって写真撮ったりしちゃったけど、実際、使われていたんですよね・・・

平和な時代でよかった。

さて、お腹が空いてきましたので、ここでお昼です。
カフェ・ピぺル。英語だと、Piper Cafe ね。
20170811_食べ物
サンドイッチ、チキンスープ、カレリアパイ。

カレリアパイというのは、フィンランドの国民食で、パイの真ん中はミルク粥なのが一般的らしいです。
私はサンドイッチを食べたので、お味はよくわかりませんが、
ダンナちゃん曰く、まあまあ とのこと。

食後に、チョコケーキとコーヒー、紅茶もいただきました。
20170811_ケーキ

全て、うまし。
チョコレートラバーのダンナちゃんは、今回の旅でもチョコケーキ食べまくっていたのですが、
意外なことに、ここのケーキがベストだったと言ってました。
有名店の立場は・・・
ま、好みもあるしね。深く考えないでおきましょう。

カフェからの帰り道に、乾ドックを見て、フェリー乗り場へ戻りました。
20170811_乾ドック


待つこと10分程度で帰りのフェリーが来ました。
帰りはお行儀のよいわんこが一緒です。
20170811_わんこ


出発時と同じマーケット広場に到着。
この時点でまだ2時です。

今日の予定はスオメンリンナ島だけだったのですが、
このまま帰るのはあまりにも早すぎだよね、ということで急遽ショッピングしようということになりました。
というのも、フィンランドを代表するブランドが立ち並ぶエスプラナーディという細長い公園通りがすぐそばにあるから。
20170811_通り


まずはフィンレイソン。
姪っ子たちへのお土産と私のブランケット、鍋つかみなどを購入。ホクホクです。

続いてアカデミア書店でダンナちゃんご所望のLAMYのペンを探しました。
・・・が、ない。
ダンナちゃん、旅先で1本ずつ、LAMY のペンをコレクションしようと思ってたんですって。
でも、無いんじゃしょうがないよねってことで、
アカデミア書店と繋がっているStockmanのペット用品売り場で、チョキぽんへのお土産(主に食べ物)をどっさりゲット。

ついでにstockman のインフォメーションカウンターで文房具売り場を確認したのだけど、
アカデミア書店にしかないです。とのこと。
と言うことは、LAMY は無いと言うことね・・・

ドンマイ、ダンナ。

でも、一応もう一度探そうと、またアカデミア書店に戻る、諦めの悪い我ら(笑) 
そして、そこで見つけたのが、こちら。
20170811_本
Finnish Nightmares (邦題: マッティは今日も憂鬱)

タンペレに行ったときに読んだ旅行記で知った本です。
詳しくはこちらで確認してください。
フィンランド人は日本人と似た国民性を持っているようです。
「わかる!わかる!」と、頷きながら読みました(笑)

買い物を終え、帰る途中でカンピ駅構内のキオスクでお菓子とアイスをゲット。
ダンナちゃんはホットドッグを買いました。

その後、アパートでのんびりしてからまたカンピ駅内のモールをフラフラと。
カンピ駅ナカの本屋さんにもやはりLAMY のペンはありませんでした。

薬局でキシリトールタブレットを購入。
(フィンランドはキシリトールでも有名です)
キシリトール
こちらはその後、追加購入したムーミンデザインのキシリトール。

あと、フラッと立ち寄ったアクセサリー屋さんでピアスも買っちゃいました。
ピアス写真
よくわかりませんが、なんだかセール中だったみたいで、安く買えました(笑)
右下の得体の知れないもの、気に入ってます♪ (ふくろうかと思われる)

晩御飯はお寿司とかデリのお肉とか。
20170811_晩御飯

なんだかのんびりとした1日でした♪

Top|Next »

HOME

もりー

Author:もりー
もりー:
東京都在住。
働く主婦。
まだなんとか30代。

チョキ:
東京都在住。
ロングコートチワワのメス
2008年2月5日生まれ

ケン:
群馬県在住。
ビーグルのオス
1998年8月27日 生
2012年11月22日 没

名前:
アドレス:
件名:
本文:

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する


にほんブログ村 犬ブログへ

ランキング

夜のお散歩用にブルーを買いました。 チワワの首から下げるには大きすぎるので、リード側につけています。 かなり明るく、とても目立ちます。蛍みたいで楽しいです。
頭のすぐ上で光っているけど、チョキはまったく気にならない様子です。

外出するときにシュッとしてます♪
長年愛用中。 今までノミ、ダニのトラブル ゼロなのはこれのおかげです。
100%天然素材なので安心ですよ。 特に香りはないので、犬の体臭を楽しみたい方におすすめ。

人間はこっちをシュッとしてからお散歩してます。 今年は蚊がいないんじゃないの?ってくらい刺されません! 本当は犬用ですが、天然素材なので人用としても安心です。
ハーブの香りがちょっと強めなので、犬に使うと匂いが残ると思います。 いい匂いなので、気にならないとは思うけど。 私はチョキの匂いが好きなので、人間だけ使ってます(笑)

チョキごはんはこれです♪
中年となった6歳を期に、ごはんを変えました。 安心・安全のこだわり素材と、小型犬にも食べやすい小粒な粒です。
ごはんにかけるスープとか、フリーズドライの納豆など、フード以外のものを揃っています。

仔豚のヒヅメ。
ガリガリとよくかじっています。暇つぶしにいいようです。 よく、くわえて見せびらかしに来てくれます(笑)
小型犬向け 仔豚のひづめ 100g

小型犬向け 仔豚のひづめ 100g
価格:498円(税込、送料別)

牛のひづめより硬くないので、小型犬の牙でもそこそこかじれるようです。 ペロペロと舐めて、ふやかして・・・と犬なりに考えて攻略するのも楽しい様子。 ちょっとだけ、牧場の香りはします。しょうがないよ、豚だもん。

猫草。ベランダで栽培してます。 水をあげあるだけで、グングンとよく育ちます。 プチプチちぎって、チョキにあげてます。 お前はヤギか?ってくらい、うまそうに食べてます。
苗で買うより、種から育てた方が楽しいし、お買い得だと思います!

このキャリーで旅してます。
我が家ではカーキー色を持ってます。 しっかりした作りなうえ、持ちやすくていいです。
見た目も、いかにも犬入ってます!って感じがしなくておしゃれです。 チョキも居心地がいいのか、入るとすぐに丸くなって寝ちゃいます。 犬は狭いところが落ち着くらしいので、こういうの好きなんだろうな。


↓チョキと泊まったお宿です。

アクアペンションクッチェッタ
もう何度も宿泊しています。浜名湖畔のペンションです。
お部屋も素敵だし、食事もおいしいし、浜名湖が隣で気持ちがいいし、本当にお勧めですよ!

磐梯山温泉ホテル
福島県にあります。犬OKな部屋はすぐに満室になっちゃうので、早めの予約をお勧めします。
スキーシーズンでなければ、裏のゲレンデを犬と散歩できます。広くて気持ちいいですよ。 温泉も清潔で、お肌しっとりだし、ご飯もおいしかったです。

プチホテル マイカ
伊豆の、ちょっと隠れ家ちっくな場所にありました。 まだ新しくとてもきれいなホテルです。 メゾネットの変わった建物で、食事をするところも1部屋ずつ仕切られているので、他の犬を見ると興奮するワンコでも安心です。
食事も、もう無理!ってくらいたくさん出てきます。もちろん美味しかったです。 近くにドッグランつきの道の駅もあってお土産を買うのにもいいですよ。



写真素材-フォトライブラリー
写真 素材

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。