プロバイダ

チョキカメラ

怒りっぽいちっこい犬と、のんびりした背の高い夫と、その中間程度な嫁のお話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAY 3

5月3日の話。


この日は、今回の旅のハイライトと言ってもいいでしょう。

フランクフルト中央駅のスタバ前に集合し、こんなバスに乗り…
1_201505241656152a8.jpg

着いたところはリューデスハイム。
2_20150524165616faa.jpg
これは「つぐみ横丁」への入口の看板。
ですが、今はリューデスハイムを素通りします。

我々の目的地はここではなく…

これ!
3_2015052416561065c.jpg
今日はライン川クルーズなのです!

ライン川沿いは世界遺産に指定されています。
4_201505241656122c5.jpg
これは船内の壁。
川沿いにはたくさんの古城があるのです。

こんな感じに。(ラインシュタイン城)
5_20150524165613720.jpg
ちなみにミュウのツアーに参加したので、
日本人がたくさんいます。

船内のアナウンスも、
ドイツ語、英語、その他ヨーロッパ言語(何語なのかわからない) に加え、日本語もありました。
6_20150524165628469.jpg
(ゾーネック城) 
また、リューデスハイムからワイン店の日本人店員さんも乗り込み、
いろいろ試飲させてくれました。

夫は貴腐ワインを気に入ったそうです。
買わなかったけど。
7_20150524165629d8a.jpg
私は下戸なので、残念ながら何も楽しめず。
お安いのかわからないけど、日本に直送もしてくれるそう。
ワインは重たいし、試飲して、味も確かめられるし、こういうのを利用するのも手ですね。

さて、これらの写真ですが、主に夫が甲板に出て撮りました。
(シュターレック城)
8_20150524165631eac.jpg
私は、というと、船内の窓から見てました。
小雨だったし、濡れるのやだし。
…あと、ほら、荷物の番してなきゃだし。


ちなみにライン川沿いには電車の線路と道路もあります。
9_20150524165632f04.jpg
私たちのツアーも、天候不順で出航できない場合、バスで川沿いを走るとなっていました。
船に乗れてよかった。

甲板から戻ってきた夫が 「個人旅行の台湾人か中国人みたいな人がさ、
甲板で、欧米人に話しかけてたんだけど、I'm not Korean! I'm not Korean! て、
強調してて、可笑しかった」と、教えてくれました。
10_20150524165626b7f.jpg
(プファルツ城)
各国いろいろ思うところがあるのね(笑)

そうそう、思い出した。
この日ではないのだけど、爆買いの中国人女性を見たんです。
11_20150524165644ed3.jpg
dmという、日本で言えばマツキヨみたいなドラッグストアで、
カート満載に小さめサイズのハンドクリームを買ってました。
多分、ばら撒きお土産用なんだろうけど、軽く100個はあったと思うのよ。
想像してみて?
おたくの近所のマツキヨでハンドクリーム100個買ってるのよ?

・・・レジで、あの人の後ろには絶対並びたくないと強く思いましたとも。
レジの人も、大変だったろうな。

なんて、どうでもいい話ばかり書き連ねてしまったわ。

これは船首。
12_20150524165645bd8.jpg
多分、船の神様に捧げているのであろう飾りがあります。

さて、この岩山。
13_20150524165647385.jpg
てっぺんに旗が立ってるの見えますか?

ローレライ伝説の舞台 ローレライです。
14_20150524165648016.jpg
なんでも、この辺りは流れが速く、船の事故が多いポイントで、
昔の人はここにローレライという美女がいて、船頭を誘惑してるんだ。
と、いう話が広まったそうな。

・・・でもさ、何にも言われなきゃただの岩山なわけで。
私たちはフライングして、手前の岩山を激写してしまったのでした。(笑)

これから行かれる方へアドバイス。
15_20150524165642e4b.jpg
この旗が目印ですよ。

また、岩山を通り過ぎた所にはこんな銅像もあります。
16_20150524165700bee.jpg
岩山を見て、満足してカメラをしまわないようにね!

ザンクトゴアルスハウゼンに着いたら下船します。
17_201505241657012a7.jpg
これは違う船着場。
ツアーガイドさんに、
「いいですか、サンクトゴアと言う似た名前の船着場がありますが、そこでは降りないでください」
と念を押されました。

・・・前に、降りちゃった人がいたんでしょうかね…


船を降りたら、先回りしていたバスに乗り、またリューデスハイムに戻ります。
18_201505241657035b5.jpg
1時間のフリータイム。我々は特に観光はせず、昼食を取りました。

19_20150524165704838.jpg
カツレツとシュパーゲル。
シュパーゲルというのはホワイトアスパラのこと。
春から初夏にかけて、ドイツでは旬を迎えるんだそうで、食べてみました。
普通に美味しいアスパラでしたが、私はこのオランデールソース、そんなに好きじゃないんですよね…
途中でちょっと飽きちゃったのは内緒。

さて、昼食を終えたらまたバスに乗り、次の目的地に向かいます。
20_201505241656583b9.jpg
その途中のアウトバーンで、事故に遭遇。
起きたてホヤホヤだったからまだ渋滞にはなってなかったので、よかった。

バスで眠ることしばし。
到着したのはハイデルベルク。
残念ながら、雨が強くなってしまいました。
21_20150524165716fd7.jpg
これはハイデルベルク城です。

なんか大学みたい。
22_20150524165717818.jpg
写真を撮りませんか?という、観光地によくいるおじさんがいました。
撮りませんでしたが。

これはワインの大樽。
23_20150524165719b60.jpg
木製の樽としては世界一のサイズです。
階段を登って樽の周りをぐるりと一周できるようになってます。

この方はペルケオさん。
24_2015052416572011c.jpg
イタリア出身の道化師だそうです。
大酒飲みのいたずら好きな人で、この像の隣にはペルケオさんが作ったびっくり箱がありました。

ペルケオさん、ワインかと思って水を飲んでしまい、あまりのまずさに驚いて、死んでしまったそうな。
25_201505241657142c3.jpg
そんなバナナ。

城のテラスから見た風景。
26_201505241657352ed.jpg
どことなくプラハみたい。

これはハイデルベルク城入口の門扉の鉄の輪。
27.jpg
ある日、この輪を切れるものがいたら、ハイデルベルク城をあげようと王様が言ったそうな。
で、挑戦した魔女の噛んだ跡がこれなんだって。

・・・そんなバナナ。

高台にあるお城から再びバスに乗り、
先ほど見下ろしたハイデルベルクの街で自由時間となりました。
28.jpg
カール テオドール橋。この橋、かっこいいよね。

橋の端にはお猿がいます。
29.jpg
手に持っているのは鏡らしい。

お猿の隣には、こんなネズミも!
30.jpg
かわいかー!
(上の写真の私の左隣に小さく見えるやつよ)

猿の後ろ姿もなかなかいいのよ。
31.jpg
・・・ね?

振り返ると、先ほどまでいた、ハイデルベルク城。
32.jpg
モヤってて、幻想的です。

次は、ハイデルベルク精霊教会に行きました。
33.jpg
英語のできないおじさんが入口にいて、なんか言ってるんだけど、
よく理解できず、とりあえず4ユーロというのはわかったので支払って中に入りました。

そしたら、なんとまあ。
34.jpg
パイプオルガンコンサートだったとは。
出るに出られず、最後まで聞いてしまいました。
でも、まあ、なかなかできない経験だったと思うので、結果オーライということにしました。

[広告] VPS


この後は、バスでフランクフルトに戻ってツアーは終了。
ただ、この日は日曜日で、またまたお店はことごとくお休み。晩御飯難民となったのでした…
(マックに行ったのさ。)

とういことで、この日は終了。
関連記事

« DAY 4|Top|DAY 2 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magiccamera.blog23.fc2.com/tb.php/990-0868f539

Top

HOME

もりー

Author:もりー
もりー:
東京都在住。
働く主婦。
まだなんとか30代。

チョキ:
東京都在住。
ロングコートチワワのメス
2008年2月5日生まれ

ケン:
群馬県在住。
ビーグルのオス
1998年8月27日 生
2012年11月22日 没

名前:
アドレス:
件名:
本文:

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する


にほんブログ村 犬ブログへ

ランキング

夜のお散歩用にブルーを買いました。 チワワの首から下げるには大きすぎるので、リード側につけています。 かなり明るく、とても目立ちます。蛍みたいで楽しいです。
頭のすぐ上で光っているけど、チョキはまったく気にならない様子です。

外出するときにシュッとしてます♪
長年愛用中。 今までノミ、ダニのトラブル ゼロなのはこれのおかげです。
100%天然素材なので安心ですよ。 特に香りはないので、犬の体臭を楽しみたい方におすすめ。

人間はこっちをシュッとしてからお散歩してます。 今年は蚊がいないんじゃないの?ってくらい刺されません! 本当は犬用ですが、天然素材なので人用としても安心です。
ハーブの香りがちょっと強めなので、犬に使うと匂いが残ると思います。 いい匂いなので、気にならないとは思うけど。 私はチョキの匂いが好きなので、人間だけ使ってます(笑)

チョキごはんはこれです♪
中年となった6歳を期に、ごはんを変えました。 安心・安全のこだわり素材と、小型犬にも食べやすい小粒な粒です。
ごはんにかけるスープとか、フリーズドライの納豆など、フード以外のものを揃っています。

仔豚のヒヅメ。
ガリガリとよくかじっています。暇つぶしにいいようです。 よく、くわえて見せびらかしに来てくれます(笑)
小型犬向け 仔豚のひづめ 100g

小型犬向け 仔豚のひづめ 100g
価格:498円(税込、送料別)

牛のひづめより硬くないので、小型犬の牙でもそこそこかじれるようです。 ペロペロと舐めて、ふやかして・・・と犬なりに考えて攻略するのも楽しい様子。 ちょっとだけ、牧場の香りはします。しょうがないよ、豚だもん。

猫草。ベランダで栽培してます。 水をあげあるだけで、グングンとよく育ちます。 プチプチちぎって、チョキにあげてます。 お前はヤギか?ってくらい、うまそうに食べてます。
苗で買うより、種から育てた方が楽しいし、お買い得だと思います!

このキャリーで旅してます。
我が家ではカーキー色を持ってます。 しっかりした作りなうえ、持ちやすくていいです。
見た目も、いかにも犬入ってます!って感じがしなくておしゃれです。 チョキも居心地がいいのか、入るとすぐに丸くなって寝ちゃいます。 犬は狭いところが落ち着くらしいので、こういうの好きなんだろうな。


↓チョキと泊まったお宿です。

アクアペンションクッチェッタ
もう何度も宿泊しています。浜名湖畔のペンションです。
お部屋も素敵だし、食事もおいしいし、浜名湖が隣で気持ちがいいし、本当にお勧めですよ!

磐梯山温泉ホテル
福島県にあります。犬OKな部屋はすぐに満室になっちゃうので、早めの予約をお勧めします。
スキーシーズンでなければ、裏のゲレンデを犬と散歩できます。広くて気持ちいいですよ。 温泉も清潔で、お肌しっとりだし、ご飯もおいしかったです。

プチホテル マイカ
伊豆の、ちょっと隠れ家ちっくな場所にありました。 まだ新しくとてもきれいなホテルです。 メゾネットの変わった建物で、食事をするところも1部屋ずつ仕切られているので、他の犬を見ると興奮するワンコでも安心です。
食事も、もう無理!ってくらいたくさん出てきます。もちろん美味しかったです。 近くにドッグランつきの道の駅もあってお土産を買うのにもいいですよ。



写真素材-フォトライブラリー
写真 素材

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。